2012年04月

2012年04月09日

コミュニケーションの入口

いつもありがとうございます。


打合せの際に
間の悪いくしゃみのせいで
お客さまの話の腰の骨を
ぼきぼきおりまくって恐縮のかわぐち@行政書士です

(花粉症シーズン、早く終わって欲しい・・)


先日は、弊所の守備範囲としては珍しい
丹波県民局に建設業許可の新規申請で
お邪魔してきました


IMG_0048[1]



建設業許可用のHPでも
お伝えしている通り
同じ兵庫県知事あての申請でも

・必要とされる裏づけ書類
(省略可能なものの種類)

・事務所立ち入り調査の免除があるのかどうか

・申請完了時に副本を返してもらえるのかどうか

・許可通知書は窓口受取か郵送送付か

etc

県民局によって、担当者さんによって
全く異なります。


しかも今回の申請は、他社証明が
複雑に絡み合ったややこしい申請です。。


ですので、普段めったに来ない
丹波県民局は僕にとっては完全アウェーな気分でした

クライアントさまも年度末の忙しい中
何度もやり取りをしながら書類を揃えてくださり
なんとかここまでこぎつけましたので
その頑張りにも応えたいし・・・

そんな複雑な思いで臨んだ申請でした。


結果は、やはりいつもの倍時間がかかりましたけれども
事前の担当者さんとの電話打合せが功を奏し
補正は最少にて受け付けてもらう事ができました


「クライアント様に電話で報告したらたいそう喜んでいただけたし、
出直しで、また車を1時間半運転しなくていいのも嬉しいなあ


などと考えながら車に向かっていると、
ふとある違和感?に気づきました。


”あ、まただ・・”


違和感といっても、不思議な良い違和感?です。


”あれれ?今日、挨拶で声をかけてもらう回数が多いような・・”


県民局ですれ違う、職員の皆さん
ほぼ全員初対面(当たり前ですけれども)なのに
会う人会う人 

「こんにちは」

と自然に挨拶してくださいます。


駐車場に向かう途中や立ち寄ったコンビニ付近に
いた学生たちも、ごく自然に向こうから挨拶してくれます。


昼食で立ち寄ったラーメン屋さんは当然ながら

お年寄りや子供づれの人までも・・・


たまたまだったのか、
自然豊かな土地柄ならなのか、
町・地域として意識しておられるのかわかりません。


でも、3月末で色んな仕事が頭をぐるぐる回って
少しゆとりを失いがちだっただけに、
とってもさわやかな気持ちになることができました


人との出会いに加えて、
普段行ったことのない町に訪ねられる

のもこのお仕事の醍醐味です。


今月は、上記申請の事務所調査の立会い、
西播磨県民局(上郡)での建設業許可申請、
関東地方整備局宛の本店移転申請、
株式会社・NPO法人設立等
あっちこっちに飛び回る予定です。


コミュニケーションの入口である挨拶を
忘れずに新年度も頑張っていきたいと思います


今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

kyorobooty at 11:30コメント(0)トラックバック(0)建設業許可/経営事項審査/入札 
livedoor プロフィール
非公式プロフィール
今だからお話できる

開業当初の苦労はこちら

2008年3月現在では・・

業務をお受けする際のこだわりは・・

この仕事で良かったと思う瞬間は・・

kawaguchi


はじめまして。 手作り行政書士@川口こうへいです。開業3年目を節目に日々の業務の様子を少しずつ公開していきたいと思います。可能な限りコメントにはお返事させていただきますので宜しくお願いいたします♪ 
特技:マインドマップをつかってスケジュール管理やアイデアをまとめること
お問い合わせ
010104woman06wb

・業務に関するお問い合わせ や

・当ブログについてお気づきの点

がございましたら下記フォームより遠慮なくご連絡ください。

↓ ↓

お問い合わせフォームはこちら

(SSL対応フォームで個人情報は保護されます)
ブログランキングに参加しています。

応援宜しくお願いいたします!

↓ ↓ 

にほんブログ村 経営ブログへ

人気ブログランキングへ


ビジネスブログランキング

あし@
免責事項
010104woman21wb

当ブログは相当な注意のもと作成・更新しておりますが、掲載情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。
(わかりやすい説明を心がける関係上、時として専門用語を別の平易な表現に置き換えている場合もございます)

当ブログの利用に関しの責任は訪問者様にあるものとし、当ブログおよび当ブログにリンクが設定されている他のウェブサイトから取得された各種情報の利用によって生じた一次的、二次的を問わずあらゆる損害に関して、当ブログは一切の責任を負いません。

当ブログへのアクセスは訪問者さまの自由意志によるものとし、当ブログの利用に関しての責任は訪問者さまにあるものとさせていただきます。
  • ライブドアブログ